Football Manager のレジェンドとその現実の姿

Football Manager のレジェンドとその現実の姿


1. Cherno Samba


史上最高のヨーロッパカップ優勝チームと称されるチーム。世界最高の監督により注意深く作られ、目の前にあるすべてを手にしていく彼らを誰も止めることはできない。シェアノ・サンバが決勝で決めたハットトリックはこのタイトルに花を添えるものとなった。だが、このシーズンに彼がクラブと国におけるすべての記録を破ったことを考えれば、この活躍も決して驚くべきことではない。2001年、世界中のベッドルームの監督たちがチャンピオンシップ・マネージャーでお気に入りのクラブを手に入れたことで、こうした物語は多くの人には馴染みのあるものとなったが、それは少しずつディテールが異なるものった。

 

サンバがチャンピオンシップ・マネージャー01/02にミルウォールの選手として登録されたとき、彼はわずか16歳だった。彼はフットボール・マネージャーやチャンピオンズシップ・マネージャーにおいて、数多くいるワンダーキッズの一人であり、ファンの間で伝説的な存在となった。しかし、現実では同じような高みに上り詰めることはなかった。ウェイン・ルーニーに先駆けてU-17イングランド代表に選出されたにもかかわらず、ミルウォールではプロとしてのキャリアを築くことができず、プレーの機会を求めてスペイン、フィンランド、ノルウェー、ギリシャ、そしてイングランドの下部リーグを転々とした。彼のキャリアハイは、18試合出場で11ゴールを決めたマラガBでの2005-06シーズンで、国際舞台ではガンビア代表として通算4試合に出場した。

 

メディアの注目を避けるため、以前はこうしたフットボールのビデオゲームはプレーしないと言っていたサンバだが、英紙『ガーディアン』のインタビューでは、他のワンダーキッズ達とは違い、実はこうしたゲームのファンだったこと認めている。

 

「アメリカのフレディー・アドゥーがこうしたゲームを嫌い、ゲームが彼をめちゃくちゃにしたみたいだね。でも単なるゲームに過ぎない。自分は自分のメンタリティーを持つべきだよ」




2. Freddy Adu




アドゥーはチャンピオンシップ・マネージャー4でゴールデンボーイとされ、2004年のMLSスーパードラフトでは第1指名を受け、MLSやアメリカのフットボールでも同様にゴールデンボーイとして注目を集めた。キャリア序盤こそ、MLSの最年少選手、そして最年少スコアラーとして脚光を浴びたが、それが早すぎるキャリアピークとなった。アドゥーはその評判から多くのオファーを受けたが、そこからフットボールの旅人になるまで長くかからなかった。アメリカ代表として17キャップを数え、いまもまだ29歳だが、トライアルで加入していたMLSのポートランド・ティンバースから契約の更新をしないと告げられたのち、USLのラスベガス・ライツでプレーしている。


 

3. Kennedy Bakircioglu




そのアドゥーと比べれば、ケネディ・バキルジョールの物語はいくらかマシだ。彼はかつてロナウジーニョからバルセロナの10番を引き継いだが、それはチャンピオンズシップ・マネージャーの中での話だ。実際には、ゲームのレジェンドたちのなかでは良いキャリアを過ごした。2007年から10年までアヤックスでプレーし、KNVBカップやヨハン・クライフ・シャールを獲得した。バキルジョールは古巣ハンマルビーに復帰し、キャリアを終えた。2000年代初頭にはハンマルビーで頭角を現し、2001年にはクラブ初のリーグ優勝に貢献した。2014年には28試合で14得点を決め、スーペルエッタン(スウェーデン2部)の得点王に輝いた。


 

 


4. Tonton Zola Moukoko




ACミランは2000年、ダービー・カウンティからトントン・ゾラ・ムココを獲得できなかった。この物語は、こういうと奇妙に思えるが、フットボール・マネージャーでの話ではなく事実だ。このMFはかつて世界で最も将来を嘱望された若者だった。だが家族の問題が彼のラムズ(ダービーの愛称)での成功を妨げた。彼は生まれ育ったスウェーデンに戻り、スカンジナビア半島で多くのクラブを転々とした。引退後はパブに入り浸るのではなく、ユースコーチとして後進の指導に当たっている。



5. Kerlon


 


ブラジルのワンダーキッド、ケルロン・モウラ・ソウザは2005年にU17南米選手権で優勝したブラジル代表の一員として脚光を浴びると、近年のフットボール・マネージャー・シリーズでサクセスストーリーを築いている。卓越したテクニックの持ち主で、ボールを頭に乗せたまま走る「アシカドリブル」と呼ばれたプレーを披露たことで知られる。クルゼイロからイタリアの強豪インテルに移籍するが、EU圏外選手の問題でキエーボへとレンタルされる。しかしその後もインテルでプレーすることができず、再度レンタルで送り出されたアヤックスでも1試合もプレーすることができなかった。イタリアでの失意の日々の後ブラジルに復帰し、アメリカ、マルタ、スロバキアなどでプレーするも、度重なる負傷によりキャリア通算の出場試合数が200に届かないうちに引退した。 


 
GOAL STUDIO

新作情報&お得なキャンペーンをお見逃しなく!

Customer Service Center | お問い合わせ
Company: WAGTI JAPAN 株式会社 | 東京都新宿区荒木町13-2 3F
販売責任者氏名:田結 誠也
Email: assist_jp@goalstudio.com | Tel: 03-4500-1306 平日10:00~17:00(GOAL STUDIO宛)
GOAL、GOAL POSTSおよび関連する商標は、Perform Media Sales Ltdのライセンスに基づき使用されています。