「リオネル・メッシ」の偉大なエスケープ - コパ・アメリカ2019



「リオネル・メッシ」の偉大なエスケープ - コパ・アメリカ2019


「リオネル・メッシ」は、二つの人生を生きている。 良い人生と良くない人生。一方で、「メッシ」は神的な存在だ。彼は史上最高のサッカー選手と呼ばれすべての賛美を受けている。しかし彼は反対側に立つときは彼は同情と軽蔑の対象になったりもする。歴史上誰よりも優れていると評価を受けている「メッシ」は、彼のチームが良くないパフォーマンスを見せる時、彼は失敗のすべての批判を受ける。この夏「メッシ」とアルゼンチン代表チームはうまく行かない旅にピリオドを打った。

その理由としては「リオネル・メッシ」の足首に大きな負担を与えていた「コパ・アメリカ」である。過去の「コパ・アメリカ」大会で既に失敗を味わったメッシは、29歳で突然代表チーム引退宣言をしました。これはアルゼンチンの持続的な国際大会の失敗によるファンからのプレッシャーと国際大会におけるアキレス腱への負担によるものだ。そしてそれらはすべて賞賛されていません。

アルゼンチン人はサッカーに憑りつかれています。アルゼンチンサッカーの本当の味を知ろうとすることは、まるで獣がいるおびただしい谷に入っていくのと同じくらい優しいことではないという。これはアルゼンチン代表チームを排除したときの話だが、国民的ヒーローである「マラドーナ」を尊重するために、教会まで建てられたという事実を考えれば、アルゼンチン人がサッカーにどれぐらい愛情を込めているのか分かるだろう。「マラドーナ」の名前と存在は「メッシ」を影をようにいつもつきまとう。良い人生の中での「メッシ」は大体「マラドーナ」と同等あるいは乗り越えるという評価を多く受ける。悲しいことにこの逆の人生の中での「メッシ」は「マラドーナ」のサッカーシューズのヒモさえ結ぶ資格がない人として扱いを受けている。

ここで継続的に繰り返される問題は「メッシ」が「マラドーナ」の後に続いてアルゼンチンを代表しているため、常に多くの人々からの期待に応え、成功しなければならないという事実だ。ここでもう一つ重要なポイントはアルゼンチン人にとってサッカーの基準は「マラドーナ」ということだ。第2のマラドーナとして驚異的な実力を毎年示しているメッシだが、国際大会だけ惜しい面がある。もし「メッシ」が世界最高のサッカー選手として「ニューマラドーナ」というタイトルに墨塗りしたくなければ、「マラドーナ」の業績より優れた活躍を見せなければならない。

それでは、果たしてネクスト「マラドーナ」は何だろうか?「マラドーナ」のように優れた選手になることがある天性の才能を持って生まれた選手たちはたくさんいる。しかし、すべての才能が光を放つためにサッカーという種目は決して甘くない。サッカー選手としての偉大な遺産を残すことは見た目よりとても難しいことである。今まで「ニューマラドーナ」と讃え受けたアルゼンチンの「フランコ・ディ・サント」「フアン・ロマン・リケルメ」「ハビエル・サビオラ」も最終的にその名声に追いかけることが出来なかった。まだ「メッシ」が分かってない何らかの理由で「マラドーナ」の基準に満たされなくても彼はその名声に最も近いという事実は否定できない。

しかし、「マラドーナ」だけが「メッシ」と比較されている選手ではない。「クリスティアーノ・ロナウド」と「メッシ」は今までそうきたように今後も世界最高のタイトルを置いて争うだろう。近年の活躍をもう一度見てみると「メッシ」が不利になることもある。「クリスティアーノ・ロナウド」は最近4回のチャンピオンズリーグで3回優勝を上げ、過去3年間のバロンドール投票でも「メッシ」を上回った。たとえ「クリスティアーノ・ロナウド」は今季チャンピオンズリーグで早期敗退する屈辱を経験したが、この夏もう一つの国際大会のトロフィーを持ち上げた。まさに最初の足を踏み出したUEFAネーションズリーグである。CR7と彼のポルトガルの同僚は決勝に進出して、オランダを破りユーロカップではなく、もう一つの優勝をプレゼントした。

情熱的なサッカーファンであれば「メッシ」の議論を数え切れない程聞いたはずだ。それなら今は以前と比較して見たときどのようなことが異なるのか?クラブレコードを見ると、バルセロナは偉大な選手たちが常にいるためサッカーの神と呼ばれいる「リオネル・メッシ」も数年の年月が経った末、チームのキャプテンになれた。「メッシ」がキャプテンとしての最初のスピーチは馴染みはあったが予想外だった。

「我らは我らが持っているすべての力を出しチャンピオンズリーグ優勝トロフィーを再びカンプノウに戻すことを約束します。」とメッシは言った。

「メッシ」がこのような約束をした背景にはバルセロナにも2つの人生があります。「ラ・リーガ」でのバルセロナは誰も容易にくじけない巨大な壁のような存在だ。しかし偶然にもチャンピオンズリーグでのバルセロナはシーズンが重ねる度にみんなに失望感だけ抱かせる成績を見せた。これらの結果が継続的に続いてきたわけでもない。時々落ちる事もあったがバルセロナは子供の頃の「メッシ」の活躍とともに多数のチャンピオンズリーグのタイトルを取ってきた。

しかし、「メッシ」がチームのリーダーとしての認められる程、前と同じ成功は見られなかった。「メッシ」の発言は過去数年の間チームが迎えた暗黒時代を代弁したりする。2018チャンピオンズリーグの場合バルセロナは3ゴール差で優位に立っていたにもかかわらず、比較的格下であるローマに敗けた。同様に今年もバルセロナはチャンピオンズリーグの準決勝で3ゴール差リードを守り切れず敗退した。これによりバルセロナのファンは今季リーグ優勝セレモニーを控えてチームを非難した。

多くの人々の期待の中で出場した「コパ・アメリカ」でのメッシはすべてこの議論を消してしまうことができた。しかし、悲しいことにブラジルとの準決勝で2対0というスコアで敗けてしまった。全世界中のサッカー報道メディアは「メッシ」が「マラドーナ」のようにアルゼンチンを頂上に導くことができなかったと言う悪意のある記事を吐き出している。いかなる場合にも「メッシ」はこれらの話を聞きたくないだろう。継続的にこのような話が取り上げたら誰もが気になるしかないのである。「メッシ」にフラストレーションが溜まるのはごく自然の反応である。

このすべての議論を終わらせるためにはコパ・アメリカの優勝トロフィーを上げることが「メッシ」にとってあまりにも重要なことであった。もしブラジルを破って決勝に進出して優勝トロフィーを手に入れたら、メッシと彼の同僚は誰にも非難を受けなかったはずだ。しかし結果的にメッシは優勝に失敗し、昨シーズンの失望感を解消させるのに失敗した。一生に一度の機会を目の前で逃してしまったわけだ。「リオネル・メッシ」とアルゼンチンの挑戦はまたもう一度持ち越されることになった。

By Seho Park of Goal Studio.

 
GOAL STUDIO

新作情報&お得なキャンペーンをお見逃しなく!

Customer Service Center | お問い合わせ
Company: WAGTI JAPAN 株式会社 | 東京都新宿区荒木町13-2 3F
販売責任者氏名:田結 誠也
Email: assist_jp@goalstudio.com | Tel: 03-4500-1306 平日10:00~17:00(GOAL STUDIO宛)
GOAL、GOAL POSTSおよび関連する商標は、Perform Media Sales Ltdのライセンスに基づき使用されています。