サッカー x ヒップホップ

サッカー x ヒップホップ



アメリカとサッカーが良く似合わないと思う人に一つの音楽ジャンルをお勧めしたい。まさにヒップホップだ。ヒップホップシーンをリードするラッパーはサッカージャージを着てサッカーとヒップホップを繋げてくれたりするのだ。知らない人は驚くかもしれないが、サッカージャージはラッパーたちが愛用する衣装の一つである。それでは一体なぜラッパーたちはサッカージャージを選ぶだろうか?

最も知っておくべきのポイントは、クラシックなサッカーファンはとても希少である。多くの人々は命をかけてサッカーの試合を見るわけではない。そのためサッカーへの忠誠心を大衆に期待するのは難しい。例えばアメリカヒップホップ界のラッパー「Pusah T」は頻繁にサッカージャージを愛用するアーティストであるが、それほど熱心なファンではありません。 「Pusha T」本人は時々サッカーの試合を見て楽しむぐらいで、特定のチームへの愛情も特に持っていない。 「Pusha T」を含む多数のラッパーにとってサッカーはファッションの中にあります。 「COPA90」と「Pusha T」が一緒に行われたインタビューでその事実を証明してくれる。

「サッカージャージはレジャーとラグジュアリーのハイブリッドである。 」レジャーとラグジュアリーを嫌いな人はいないし、ラッパーぐらいレジャーとラグジュアリーを楽しめる人はいない。彼らの独特な歌詞と素晴らしい人生の野望はレジャーが持っている色と一致する。また素敵な人生を送るための努力は結局豪華な生活の近道でもある。サッカージャージはこれらのヒップホップアーティストたちにクールで素敵な人生にぴったり合うファッションだ。

ラッパーがジャージをファッションに選択したことは不明確で具体的な一つの正解はない。簡単に説明をするとラッパーがサッカーが好きなのでファンと言えるだろう。しかしすべてのラッパーが本当のサッカーファンと断定することができない。そのためラッパーがひとつのチームだけに応援することは期待できないことだ。

ヒップホップアーティストはサッカージャージを着て公の場に出ることでサッカー界に影響を与えている。たとえばアメリカのヒップホップ界の父「Snoop Dogg」は「マンチェスター・ユナイテッド」「パリ・サンジェルマンFC」「FCバルセロナ」のユニフォームを良く着用しています。彼は最愛のチームを持っていないが「Snoop Dogg」は最初からひとつのチームだけ愛することができなかった。このような一流の芸術家はサッカーが好きな一人の個人です。個人がサッカージャージを着ることは本人と本人が着たジャージのサッカークラブのみんながお互い利益を得ることができる。

サッカーとヒップホップがすでに良く混ざり合っているという事実が重要です。サッカーとヒップホップのコラボレーションは単純にサッカーチームだけではありません。すでに有名ラッパー「Desiigner」は有名サッカー選手の「Paul Pogba」とマンチェスター・ユナイテッドのジャージを着てコラボした。ヒップホップアーティストが個人のユニフォームを着るときは本人が好きな選手の敬意を示すためでもある。 「Jay-Z」は「Thierry Henry」に敬意を表するために「アーセナルジャージ」を着て、公式の場によく現れた。しかし彼の尊敬心は単純に「Thierry Henry」だけにあるとは限らない。なぜなら彼は3日間「リバプール」と「マンチェスター・ユナイテッド」のジャージも着用したからだ。

サッカージャージの着用は単純にヒップホップアーティストのサッカーチームや選手への愛から来ているものではない。アーティスト本人のアイデンティティを表現する方法として使用されていることもある。アトランタ出身のラッパー「21 Savage」は本人固有のサッカージャージを作った。もちろんこのジャージはアトランタ固有の色である黒と赤で構成されておりデザインの中心には短剣と本人が有名になったきっかけの「Zone 6 Day 」でデザインされている。

また、サッカージャージはその出身地の愛のために愛用されることもある。「アトランタ・ユナイテッド」を代表する有名ラッパー「2 Chainz」と「Waka Flocka Flame」が非常に良い例である。ジョージアはアトランタ州にある都市の一つで、ここでは「2 Chainz」と「Waka Flocka Flame」を含む多くのヒップホップアーティストの故郷でもある。きっとローカル出身のラッパーだけはこのようなことを試すことははない。アメリカ人ラッパー「J. Cole」はドイツ代表サッカーチームのユニフォームを愛用するが、おそらくアメリカ人にもかかわらず生まれたところはドイツであるためだ。

「J. Cole」話が出来たことで「J. Cole」の話をもう少ししましょう。ヒップホップアーティスト「Bas」の曲「Tribe」に「J. Cole」がフィーチャリングで参加した。彼はこのPVの中で「パリ・サンジェルマンFC」のユニフォームと一緒にエアジョーダンを履い登場する。そして最終的に「パリ・サンジェルマンFC」はジョーダンと一緒にコラボを通じて「パリ・サンジェルマンFC」X「ジョーダン」ユニフォームの「JUMPMAN」を誕生させる。これは自然に人々にバスケットボールだけでなくサッカーもこのようなコラボができる可能性があることを刻印させた。これらのアーティストには 「J. Cole」「Travis Scott」そして「6ix9ine」が含まれています。

サッカー選手とヒップホップアーティストたちは、お互いに良いインスピレーションになってくれたりする。ヒップホップアーティスト「Drake」はアーティストと選手らはお互いがどのような効果をもたらすのか語ってくれた。さらにオーストラリア出身の「Joey Champness」はサッカー界から引退してヒップホップへの情熱を追ってラッパーになった。

ラッパーたちがなぜサッカージャージを着るかについての答えは存在しないだろう。しかし、様々な解釈は存在するだろう。ただファッションのためにあるかもしれないし、名誉のためでもある、または本人の色を示すためにでもある。今後も続けて彼らのコラボが非常に期待される。

 
GOAL STUDIO

新作情報&お得なキャンペーンをお見逃しなく!

Customer Service Center | お問い合わせ
Company: WAGTI JAPAN 株式会社 | 東京都新宿区荒木町13-2 3F
販売責任者氏名:田結 誠也
Email: assist_jp@goalstudio.com | Tel: 03-4500-1306 平日10:00~17:00(GOAL STUDIO宛)
GOAL、GOAL POSTSおよび関連する商標は、Perform Media Sales Ltdのライセンスに基づき使用されています。