同じ試合、異なるルール:最悪の監督になってしまった 4のレジェンド選手たち

同じ試合、異なるルール:最悪の監督になってしまった 4のレジェンド選手たち



Thomas Clark of URBAN PITCH

「マウリツィオ・サッリ」監督が去ってから空席となったチェルシーの監督席には「フランク・ランパード」が有力な候補に急上昇した。ランパードは多くの人々に伝説的な選手として記憶されているが、これから紹介する4人の監督を見ると簡単に花道を歩けない。

偉大なサッカー選手になるためには特別な何かが存在しなければならない。努力、運動能力、優れた才能、そして試合を理解するスマートさまで兼ね備えなければならない。競技場の外と内で最高のレジェンドになるために、多くの時間が必要だが、大体の選手だちは引退後、グラウンドを離れることができない。

TVを通じて引退した選手たちがマイクで試合の解説や分析をする姿も多く見られる反面、他の選手たちは監督の職業を選ぶこともある。

「レアル・マドリード」での「ジネディーヌ・ジダン」のように選手時代と同じ成果を出す人々はいる。しかしこのような監督は特に珍しいという事実が存在する。

先週には前チェルシーの選手である「フランク・ランパード」が監督に内定という噂があった。ランパードは選手として13年間、164回のリーグ戦連続出場、チャンピオンズリーグ優勝、そして2年連続プレミアリーグ優勝という記録を立てた。「ダービー・カウンティFC」の監督として成功的なデビューシーズンを過ごした彼だったのでチェルシーは選手として成功したランパードに多くの期待をしている。しかし著者は心配である。



チェルシーはこれからの二度の移籍場(今夏と2020年1月)に参加できないのに、ランパードは最初の1年間自身の考えている選手らを迎え入れることが出来ないだろう。 3年契約が有力な中でランパードが契約期間を埋めることができるか、果たしてチャンピオンズリーグに進出することができるかどうかも不確実である。

このような状況で著者は偉大な選手だったが、監督としては失敗した人物を調べてみることにした。これはファンよりも楽しく読んで欲しい。




1. ディエゴ・マラドーナ


「ディエゴ・マラドーナ」の選手時代を疑問する人はいないだろう。アルゼンチンのレジェンド選手はグラウンド上史上最高の選手だった。彼のパス力と優れた技術は彼が165cmの単身にもかかわらずグラウンドを支配した。アルゼンチン代表として91試合に出場した彼は、31ゴールを決め自分の国を導いた。

彼の真価は1986年のW杯で発揮された。 1997年「ボカ・ジュニアーズ」で、彼は引退を宣言し、以降の監督としてグラウンドに復帰した。

選手時代と同じように、彼の監督生活は多くのスキャンダルと論争を起こした。新聞の見出しを飾る彼のスタイルは、彼のチーム運営方式も明らかになった。 20年以上の監督生活の中で、2年以上指揮したチームは、甘やかさなかった。

2010年にはアルゼンチンの代表チームを引っ張り南アフリカW杯に参加した。結構なノイズのせいで大会直後彼はチームを離れた。現在彼はメキシコ2部リーグのチームを担当してますが、彼はインタビューを通じて結構な話題を作り出すことで忙しいそう。




2. ガリー・ネヴィル


たとえ「マラドーナ」の名声には追いつかなかった「ガリー・ネヴィル」もイギリスのトップサッカー選手だったことに間違いない。「マンチェスター・ユナイテッドFC」として選手生活をずっと続けいったネヴィルは8回プレミアリーグタイトルと2回のチャンピオンズリーグを優勝をした。しかし彼のサッカー実力のが監督としての資質を助けてくれることはなかった。

4年間スカイスポーツの解説者として活躍しながらネヴィルはバレンシア監督になったが、最初からバランスが良くなかった。スペイン語が出来なかったし監督は始めてだった。結果はみんなの予想とあった。

ヴィルは最初から14試合連続負ける屈辱を体験した。チャンピオンズリーグのグループリーグ予選では3位を記録し早くも脱落した。最初「コパ・デル・レイ」試合では、真価を発揮するようだったが、バルセロナに7-0で負けた。 2015年12月に赴任したが、3ヶ月でにクビになった。彼はバレンシアが探していた人物ではなかっ。




3. アラン・シアラー


EPL史上最多得点で記録されている「アラン・シアラー」は優れたストライカーだった。優れた得点感覚のおかげで自分のチームを勝利に導くことができると予想したが、間違ってた。

BBCでアナリストとして活動した彼は彼の故郷である「ニューカッスル・ユナイテッドFC」プレミアリーグからの移籍から救おうとした。チームの最大の得点者である彼は、多くの期待を受けて赴任した。しかし、彼の監督生活は簡単ではなかった。

2009年シーズン8試合を残した状況で「アラン・シアラー」はチームに多くの刺激を与えるだけだった。しかし残りの試合で勝ち点8点だけ獲得し、チャンピオンズリーグで降格であった。

ニューカッスルから多くの機会をもらうことはできなかったが、選手として享受した栄光を監督としては享受できなかった。




4. オズワルド・アルディレス


著者は絶対にアルゼンチンのサッカーファンの機嫌を悪くすることはない。「オズワルド・アルディレス」は一番面白い選手中の一人だったのは間違いない。80年代イングランド舞台を走ってた彼はサッカー界の有名な選手だった。彼は1978年のW杯を優勝し頂点を取った。しかし監督生活はそうでもなかった。

「スウィンドン・タウンFC」、「ニューカッスル・ユナイテッドFC」、「ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC」で監督を過ごした彼は、彼の故郷である「トッテナムを率いた。「トッテナム・ホットスパーFC」のファンたちの歓呼を受けながら入った彼は前のキャリアのせいで疑問はされてない。しかし、このリストに登場したように彼は成功をすることはできなかった。

「トッテナム・ホットスパーFC」を率いた1年の間に彼は冒険家として名声を高めた。多数の試合で5人のストライカーを投入させプレミアリーグでは簡単に見つけることができなかった戦略を披露した。彼の攻撃的な戦術は守備陣の不安を呼びトッテナムは「オズワルド・アルディレス」下に厳しい時間を過ごした。「オズワルド・アルディレス」は偉大な選手が監督としてクレイジーなことをする例になった。ランパード(任命できるのであれば)は、このようなミスをおかさないで欲しい。

URBAN PITCH.でより多くの記事を見つけることができます。

 
GOAL STUDIO

新作情報&お得なキャンペーンをお見逃しなく!

Customer Service Center | お問い合わせ
Company: WAGTI JAPAN 株式会社 | 東京都新宿区荒木町13-2 3F
販売責任者氏名:田結 誠也
Email: assist_jp@goalstudio.com | Tel: 03-4500-1306 平日10:00~17:00(GOAL STUDIO宛)
GOAL、GOAL POSTSおよび関連する商標は、Perform Media Sales Ltdのライセンスに基づき使用されています。