アイコンの復帰:故郷チームに復帰したスターたち成績表

アイコンの復帰:故郷チームに復帰したスターたち成績表

By Stephen Gray of URBAN PITCH

「ユヴェントスFC」に復帰した「ジャンルイジ・ブッフォン」に加え多くのレジェンド選手の故郷チーム復帰をめぐる噂を見直しするために著者は故郷チームに復帰した歴代級の選手を10点満点で評価をすることにした。 サッカーが美しいゲームと呼ばれる理由の一つは循環的な要素である。このような現象はどこからでも見れると言いたいが、今は一つだけに集中してみよう。 リーズの時代を一緒にしたチームに復帰するスタープレーヤーらの話だ。 何人かの選手たちの復帰は成功的だった。これは彼らの功績を残すと同時に、クラブとファンとの関係も深くした。しかしこれとは逆に成功的な復帰に失敗した選手らはチームだけでなく自分の評判に泥を塗ったりした。まるで元恋人と良くない再会をするのと同じだった。 多くの選手が故郷チームに復帰をすることは、様々な理由があった。今年は「ジャンルイジ・ブッフォン」の「ユヴェントスFC」復帰というケースがある。これにより、私たちは成功した復帰した選手たちとその逆に故郷チームのサッカーグラウンドの芝生はいつもグリーンではないということを見せてくれた失敗作を紹介しようとする。


カカ- ACミラン(2003-09, 2013-14)


サッカー業界で欠かせない名前である。ブラジル出身のMFは特有のドリブルとアシストでその名を広げた。「カカ」は「ACミラン」の選手として6シーズンを走って、デビューシーズンにはリーグ優勝までした。2005年にはリバプールにチャンピオンズリーグ決勝で恥辱的な敗北をしたが、2007年の決勝では同じチームを相手に勝ち、リベンジに成功した。カカはセリエAのMVPを二回も受賞し、2007年には「バロンドール」も受賞した。 大きな期待を受け「レアル・マドリード」に移籍したが、度重なる負傷で予想より多い4つのシーズンを送り期待に応えることはできなかった。 彼のトレードマークだった背番号22番と「サン・シーロ」 の歓迎を再び受けながらミラノに復帰したが、以前の彼の姿は見られなかった。 2年契約だったが1シーズン後にMLSオーランドシティに移籍し、彼はアメリカで引退するトップクラス選手の一人になってしまった。 彼は特有の姿を見せず、以前負傷した影響が大きかったようだ。ミラノに復帰したカカは以前よりもはるかに気を遣いながらシンプルなプレーだけ見せてくれたり、カカと言えば思い浮かぶ電光石火のようなスピードとクリエイティなプレーメイキングは見れなかった。

【評価】(10点評価中)
2003-09:9点
2013-14:5点


サンティ・カソルラ - ビジャレアルCF (2007-11, 2018-現在)


スペイン出身の小さなマジシャンは「ビジャレアルCF」で4年を過ごした後、2012年に「アーセナルFC」に移籍してすぐ彼の真価を発揮した。彼はクリエイティブなプレーメーカーとしての名声を広げ、両足でのパスとシュートの才能だけではなくドリブルや狭いスペースから抜け出すことができる最高の選手だった。 「アーセナルFC」での彼のキャリアは深刻なアキレス腱の負傷を受けて終わった。皮膚感染と8回の厳しい手術、そして皮膚移植のために自分の娘の名前が刻まれた腕の一部分を取る手術まで受けた彼はグラウンドに復帰のどころか、ちゃんと立って歩くことすら厳しそうに見えた。 しかし予想とは違いカソルラは復帰手続きを始めた。大変で長かったリハビリに成功し、見事に復帰をすることができた。「ビジャレアルCF」に戻り歴代級の実力を見せてくれて安着した。 34歳にもなった選手に期待をしている人はいないように見えたが、彼の復帰に拍手されて当然だった。彼はチームの降格から救い、前回のシーズン46試合中7ゴールを決めるなど素晴らしいシーズンを送った。 ここでまた注目すべきことは、彼がスペイン代表チームに再度決まったことだが、センターMF陣の豊富なスペイン代表チームにもかかわらず、チームに呼ばれた。 「ビジャレアルCF」と3回一緒にしているカソルラだが、過去2回を比べてみると167cmのプレーメーカーは深い印象を残した。 教訓 - あきらめないで!

【評価】(10点評価中)
2007:7点
2018-現在:9点


ティエリ・アンリ - アーセナルFC (1999-2007, 2012)


史上最高のストライカーと呼ばれるフランスの武器を彼のリーズ時代に止めることは不可能だったし、彼は377試合中228ゴールという大記録と一緒にアーセナルの史上最多得点で名前を上げている。 7年間のアーセナル生活で彼は多くの優勝と名誉を得たが、これは2回のリーグ優勝、2つのFAカップトロフィー、そして史上最高と呼ばれてる2003-2004シーズン無敗優勝の主役であった。 アンリはアーセナルの心臓のような存在であり、彼1人だけで試合を変えることができる選手でした。結局彼はキャプテンまで務めた。 彼が新たな挑戦とより多くの優勝カップを取るために「FCバルセロナ」に移籍したとき、多くの人々が悲しがった。彼がアーセナルの存在ということを知らない人はいなかった。 「FCバルセロナ」での3年後、彼はMLSの「ニューヨーク・レッドブルズ」に移籍した。休息期の間にアーセナルで個人練習をした彼は2012年2カ月間レンタル移籍した。クラブの王様が戻ってきたのだ。 「エミレーツ・スタジアム」で開かれた「リーズ・ユナイテッドFC」とのFAカップの試合で復帰した彼は特有の技術を披露し出場してすぐお祝いをした。童話に出てきそうなシーンを見たすべての人はみんな熱くなってた。彼は「サンダーランドAFC」との試合で最後の決勝ゴールを決め、アーセナルでのキャリアを終えた。 リース期間中に4試合しか出場していないが、二度の大切なゴールを決めた。正直に言えば、彼は車椅子に乗って復帰してもアーセナルのファンは彼を両手広げて歓迎したはずだ。

【評価】(10点評価中)
1999-2007:9点
2012:5点


マッツ・フンメルス – FCバイエルン・ミュンヘン (2007-09, 2016-19)


ジャイアンツのドイツのセンターバックは6歳の時「バイエルン・ミュンヘンユース」所属でキャリアを始めた。多くの人がこの事実について知らないかもしれない。ライバルの「ボルシア・ドルトムント」所属で黄色い壁の一員として活躍している姿が最も知られています。 「ボルシア・ドルトムント」所属で2年連続リーグ優勝とカップ大会優勝までした彼はドイツ代表として、2014年W杯優勝を果たした。 「FCバイエルン・ミュンヘン 」がライバルチームの代表選手を奪うことについて、ファンが冗談のように話をするのだが、2016年に「マッツ・フンメルス」を獲得した。子供の頃にチームを離れ、成人になって帰ってきた。 復帰後3年間、彼は毎シーズン「ボルシア・ドルトムント」を 締め出しリーグ優勝をした。リーグ優勝とカップ大会優勝トロフィー、そして3回スーパーカップ優勝はおそらく彼のトロフィー棚を一行作るようにしたはずだ。 最後の頃は体調が低下するように見えたが、 彼は3300万ユーロという価格で「ボルシア・ドルトムント」に 信じられない復帰をする。彼は再びファンの 歓迎を受けることになるのかそれとも30歳の年齢で 苦労を送ることになるだろうか?

【評価】(10点評価中)
2007-09:7点
2016-2019:9点


クラウディオ・ピサーロ – ヴェルダー・ブレーメン (1999-01, 2008-12, 2015-17, 2018-現在)


近年何年間か静かに過ごした選手だが、40歳になった今の「クラウディオ・ピサーロ – ヴェルダー」はまだ元気だ。ペルー出身のストライカーは信じられないだろうが, ドイツ「ヴェルダー・ブレーメン」に4回所属してる。彼はまだゴールの匂いを良く感じるようだ。 「ヴェルダー・ブレーメン」との最初の契約期間当時2シーズンの間、38ゴールを決めて活躍し、2001年ブンデスリーガのライバル「FCバイエルン・ミュンヘン」に移籍した。(ここでもやはり2回も選手生活をすることになる) グリーンとホワイトのユニフォームを再び着ることになった2008年にはより活躍し、過去の大会あわせて144試合で89ゴールを入れる記録を立てた。これにより「バイエルン・ミュンヘン」に復帰し3回のリーグタイトルとカップ大会を勝ち取った。 2015年「ヴェルダー・ブレーメン」の復帰はみんなが熱く歓迎した。 3番目の復帰時はこれ以上リーズ時期でもなかったにも関わらず、サポーターの心配と違い、無難なパフォーマンスを見せた。 (2シーズン51試合17ゴール) その後、FCケルンに1年間過ごした後、ピサーロはブレーメンと1年の短期契約を結び、40歳にもかかわらずチームに合流した。すごいことだ。 「ヴェルダー・ブレーメン」所属期間中では2009年カップ大会優勝しかなく、ミュンヘン所属で数多くの優勝を獲得した選手がチームで欠かせない存在になり、彼がどこまでいくかは誰もが予測する ことができないだろう。

【評価】(10点評価中)
1999-01:7点
2008-12:8点
2015-17:6点
2018-現在:5点

URBAN PITCHでより多くの記事を見つけることができます。

 
GOAL STUDIO

新作情報&お得なキャンペーンをお見逃しなく!

Customer Service Center | お問い合わせ
Company: WAGTI JAPAN 株式会社 | 東京都新宿区荒木町13-2 3F
販売責任者氏名:田結 誠也
Email: assist_jp@goalstudio.com | Tel: 03-4500-1306 平日10:00~17:00(GOAL STUDIO宛)
GOAL、GOAL POSTSおよび関連する商標は、Perform Media Sales Ltdのライセンスに基づき使用されています。