サッカーと関連された5つのヒット曲

サッカーと関連された5つのヒット曲

一般に多く知られたサッカー応援曲は実際にクラブが披露した歌ではないということに驚くこともあるだろう。大衆的な曲の中でチームの文化と合う曲を応援曲として選ばれる。このような事実を基にサッカーに関連する5つのヒット曲を紹介しようとする。読者のために、各曲ごとにアルバムカバーと、YouTubeのリンクを共有する。

1. Chelsea Dagger — The Fratellis



チェルシーの代表応援曲になる前に、本曲は2006年後半のイギリスのチャートトップ5に上がった。 2007年のチャートでは消えたが2019年の今はサッカー界に欠かせない曲となった。この曲はまだ「セルティックFC」「チェルシーFC」「ユヴェントスFC」そして「パース・グローリーFC」の応援曲として知られている。その理由は一度聞けば忘れにくいことと覚えやすい「duhs」と「nuhs」のコーラスがあるからだ。騒々しく愚かなサッカーファンにぴったり合うハードロックである。


2. Kernkraft 400 (Chant Remix) — Zombie Nation



Kernkraft 400は色んなバージョンがある。1999年オリジナル、1999カバー、そして2000カバー。サッカー界で有名なトラックは応援の声が混ざった2000リカバーバージョンである。この曲は「ACミラン」「FKアウストリア・ウィーン」そしてウェールズ代表チームの応援曲だ。観客が歌う「oh」の音と良くハーモニーになる曲だ。一緒に歌いやすいビートと曲を一緒に歌う声、そしてゆったりとした呼吸はサッカーファンが歌うのにちょうどいい曲だ。名前で分かるようにこの曲は多くの観客を呼ぶための曲だ。


3. Samba de Janeiro — Bellini



Samba de Janeiro 1997年にドイツの有名なポップグループが披露した曲だったがヨーロッパサッカー界の有名曲になったことが不思議である。その理由は、Samba de Janeiroがブラジルのサンバダンスとブラジルの都市である「リオデジャネイロ」を想像させるためだった。この曲はサンバとブラジルのカーニバルとぴったりの曲だ。トランペットとドラムの音が見事にマッチしていて、活気にあふれている。応援に適した曲ではないが、サッカーで見るゴールとは良く合う。「SSCナポリ」「ノリッジ・シティFC」そしてユーロ2008当時すべての国で見られた。


4. Seven Nation Army — The White Stripes



Seven Nation Armyは2003年北中米、南米、そしてヨーロッパの特定の地域の音楽チャートで聞くことが出来た。 2019年を始めSeven Nation Armtは数年間サッカーの音楽である。この曲は、「ASローマ」「FCバイエルン・ミュンヘン」そして「クラブ・ブルッヘ」の応援曲として役割をしている。遅いビルドアップとギターの音は耳にぐるぐる回る。またはリピーター的でクリエイティブな感覚で自由である。サッカーファンは「oh」音の部分に「アンドレア・ピルロ」「サンティ・カソルラ」そして多くの選手の名前を入れた。サッカー応援曲の先発のSeven Nation Armyで聞くことができる。


5. You’ll Never Walk Alone — Gerry and the Pacemakers



「Gerry and the Peacemakers」1963年カバーはイギリスシングルチャートで4週連続でトップにあったが、これは12年間守ってきた。「リヴァプールFC」「ボルシア・ドルトムント」そして「セルティック」のYNWAを団結の精神、上記のチームの主題曲に選ばれた。歌詞でも分かるが、曲のトーンも完全だ。さまざまな楽器がサッカーファンを包むが、声がとにかくすごい。サッカーファン特有の情熱と団結がとても完璧に表現してくれる。それでYou'll Never Walk Aloneだけのすべての歌詞がサッカー応援曲としても歌えてる。

By Seho Park of GOAL STUDIO.

 
GOAL STUDIO

新作情報&お得なキャンペーンをお見逃しなく!

Customer Service Center | お問い合わせ
Company: WAGTI JAPAN 株式会社 | 東京都新宿区荒木町13-2 3F
販売責任者氏名:田結 誠也
Email: assist_jp@goalstudio.com | Tel: 03-4500-1306 平日10:00~17:00(GOAL STUDIO宛)
GOAL、GOAL POSTSおよび関連する商標は、Perform Media Sales Ltdのライセンスに基づき使用されています。