The Evolution of Soccer Game: History of FIFA vs PES

FIFA vs PES



もうすぐ発売予定のゲーム「FIFA 20」にユヴェントスは参加しないと発表された。しかし、「ジャンルイジ・ブッフォン」、「ジョルジョ・キエッリーニ」、「クリスティアーノ・ロナウド」のような選手はゲーム上に存在する。チームがないだけなのに、ユヴェントスFCのロゴ、ユヴェントスFCのユニフォーム、そしてユヴェントスFCのスタジアムは見れない。これはFIFAを作った本人、大型ゲーム会社EA Sportsには致命傷となるはずだ。このような状況はウイニングイレブン(PES)を開発したコナミが作った。


このようなニュースはビデオサッカーゲームの2トップ - FIFAとPES間のライバル関係をもう一度確認させてくれる。ここで一つ確かなことは、ゲームを保有している2つの会社 - EA Sportsとコナミの関係は決して悪くはないという事実である。サッカーゲーミングコミュニティではFIFAとPES間のライバル構図が全くないと話す人もいる。FIFAがPESに比べ、数万枚多く売れた事実が彼らの提示する証拠である。FIFAの独歩的な存在にも関わらずEAはプロサッカーゲーム市場を独占してはいない。EAはPESの影響力を認めており、このような状況は両社が今までどのような方式であれ、共に成長してきたことを教えてくれる。


FIFAを発売したEA Sportsは80年代末頃、サッカーゲーム市場に飛び込んだ。FIFAはEA Sportsに5年もの間ライセンス版権を与え、結局1993年に初めて発売されたFIFAインターナショナルサッカービデオゲームは成功を収めた。ゲームの成功はもう一度の5年契約延長を現実にし、このようなパートナーシップは現在まで続いている。

似たような時期にコナミはハイパーサッカーというゲームを発売し、その直後、パーフェクトイレブン(ヨーロッパ)とウイニングイレブン(日本)に分かれた。90年代後半にはパーフェクトイレブン(ISS)の方が人気が高かったが、だからと言ってウイニングイレブンがそこまで遅れたわけではなかった。ISSシリーズが人気を失い始めた頃、ウイニングイレブンはコナミのヨーロッパ版権を持ってきて、その結果、Pro Evolution Soccer (PES)というゲームが誕生することとなった。

EA Sportsとコナミのサッカーゲーム対決は、猫とネズミの喧嘩のようだった。コナミはISSシリーズを通じて始めてゲームアバタを披露した。:選手たちは顔があって、背番号ももらえて、本物のサッカー試合とよく似ていた。FIFAはこのアイディアを基に3D選手モデルたちとより現実的な選手の動きを具現した。また、PESはゲーマーたちのためにより高いディスプレイ解像度とゲームプレイを見せた。だからと言って今の状況が昔と同じだったとは言えない。コナミの初めてのPro Evolution Soccerゲームは2000年代にはFIFAより多くのファン層を保有することもあった。

PESのこのような歩みは7世代のゲーム機が誕生してから下落傾向となった。同時にソニーとマイクロソフトはプレイステーション3とXBOX360を発売し、ゲームコンソールに重点を置き始めた。新しいコンソールは、競争構図の新たなスタートとなり、FIFAはこの機会を逃すまいとUltimate Teamという新しい機能を披露した。ゲーマーたちはこの時から自分が好きな選手だけでチームを作ることができるようになった。チームを作る方法は色々あったが、長くゲームをして選手のパックを手に入れるか、課金で手っ取り早くチームを構成するか、賭けを通じて手に汗を握りながらチームを作る方法があった。このようなFIFAの面白く目新しい要素は多くの人々の注目を集め始めた。この時点からFIFAはサッカーゲームの最強となり、現在までも1位を固く守っている。


しかし、PESが簡単に退いたわけではない。コナミの守備的なプレイ要素はすぐにダイナミックで攻撃的な性向に変わり始めた。コナミはPES2017を始めにバルセロナ、リヴァプールなどのクラブたちとプレミアムパートナーシップを採決し始めた。しかし、こういう要素は短所でもあった。このようなコラボレーションはPESがレアルマドリード、FCポルトガルのようなビッグクラブたちのライセンスを取るのに妨げとなった。また、彼らのプレミアムパートナーシップは常に成功的ではなかった。2018年にはドルトムントがコナミと契約を破棄したこともあった。



この有名な2社の進化方式が今のPESとFIFAというゲームを生んだ。PESは現在ユヴェントスの全てのライセンス版権を取得し、サッカーゲームを楽しむゲーマーたちに様々な理由で衝撃的なニュースを与えた。その理由はFIFAがユヴェントスのライセンスを奪われたため、マーケティングの核心的な資源であるクリスティアーノ・ロナウドの不在はロナウドがモデルとして活動していたFIFAシリーズの価値を下げるからである。ライセンス事業において大きな失敗を味わったことのないEAには嬉しくない知らせである。ユヴェントスのファンたちはこれから自分が応援するチームをPiemonte Calcioという名称以外には一つのゲームでしか会えなくなる。名前に満足できない?それならFIFAの電源を消し、PESを購入することをおすすめする。ロナウドに会いたければ。

FIFAとPESの関係は、マンUとリヴァプールくらいの強力なライバル構図を連想させる。サッカーゲームというジャンルにおいては絶対不可欠だが、たった一つのゲームだけが王冠をかぶることができる。EA Sportsはみんなが羨むような要素を全て取り揃えている。- 資本、ライセンス、認知度などなど。EA Sportsはこのような要素を活用してPESの発売期間を問わず常にスポーツゲームにおいて核心的という評価を多く受ける。コナミはこういう要素は持っていないが、特有の方式を通じて魅力的な代替手段を提供することに努めている。ここ数年間新しい技術が導入されたゲームを披露していないEA Sportsが持っているものを代わりにしたいと思っているかもしれない。このような複合的な要素のおかげで彼らのライバル関係は続いている。

By Seho Park of Goal Studio

 
GOAL STUDIO

新作情報&お得なキャンペーンをお見逃しなく!

Customer Service Center | お問い合わせ
Company: WAGTI JAPAN 株式会社 | 東京都新宿区荒木町13-2 3F
販売責任者氏名:田結 誠也
Email: assist_jp@goalstudio.com | Tel: 03-4500-1306 平日10:00~17:00(GOAL STUDIO宛)
GOAL、GOAL POSTSおよび関連する商標は、Perform Media Sales Ltdのライセンスに基づき使用されています。