マンチェスター・ユナイテッドの没落 1部

マンチェスター・ユナイテッドの没落 1部

マンチェスター・ユナイテッド -- イングランドの2012/2013シーズンチャンピオン

今のサッカーファンには馴染みは薄いかもしれないが、「マンチェスター・ユナイテッド」という名前が全てのプレミアリーグのサッカーファンたちを恐怖で震わせた時期があった。その理由はアレックス・ファーガソンという偉大な存在の指揮下、数年間プレミアリーグをマンチェスター・ユナイテッドが支配したからだ。アレックス・ファーガソン監督の存在はマンチェスター・ユナイテッドの順位と直結していた。

しかし、アレックス・ファーガソン監督の引退後、マンチェスター・ユナイテッドが相手に与えていた恐怖心も一緒に消え去ることになる。 アレックス・ファーガソン監督の引退からもう6年という月日が流れたが、前の姿はどこにもない。単純に6年間のマンチェスター・ユナイテッドの監督たちの結末だけを見てもすぐに気が付くだろう。もう4人目の監督がチームを率いている。デイヴィッド・モイーズ、ルイ・ファン・ハール、そしてジョゼ・モウリーニョに引き継ぎ、経験の少ないクラブのレジェンドであるオーレ・グンナー・スールシャールが現在監督となって孤軍奮闘している。

果たして何が、どこから、どう間違ったんだろう?

スールシャール以前、ファーガソン以降の3名の監督たちについて見てみよう。この全ての破綻の序幕であるデイヴィッド・モイーズ監督から始めよう。

実はデイヴィッド・モイーズの初選任がこの破局の始発点と言うのは公平ではない。アレックス・ファーガソン監督の急な引退宣言によって全てが始まったと言える。アレックス・ファーガソン監督が世界最高の監督の中の一人だった事に異議を唱える人はいないはずだ。ニューヨークの証券街でもその事が証明されたが、アレックス・ファーガソン監督の引退後、マンチェスター・ユナイテッドの株が急落したのだ。デイヴィッド・モイーズ監督の選任以前に既にあまりにも多くの事が起きていた。

マンチェスター・ユナイテッド監督の中でデイヴィッド・モイーズほど辛い状況に置かれた人物はいなかった。モイーズ以降の監督たちは、デイヴィッド・モイーズという良くない先例があってから監督に就任したので負担が少なかった。彼に与えられた先例はアレックス・ファーガソンという巨大な山で、敗北に慣れていなかった当時のファンたちだったからアレックス・ファーガソン監督の記録に少しでも及ばなかった時に返ってくるのは非難だけだった。モイーズ前監督にできた唯一の努力は優勝タイトルに挑戦できるチームを作ることだった。しかし、彼が作ったチームにはいくつもの問題点が起こり、優勝タイトルには全然近づくことができなかった。

デイヴィッド・モイーズ監督のエヴァートン時代を見ても、アレックス・ファーガソン監督が率いたマンチェスター・ユナイテッドとはかなり訳が違うことが分かる。彼はたゆまずチームを上位圏内に維持させたことがない。彼のエヴァートンが最高順位でシーズンを終えたのが4位だった。反面、アレックス・ファーガソン監督は90年代序盤以降、4位以下でシーズンを終わらせたことがない。デイヴィッド・モイーズのマンチェスター・ユナイテッド監督選任はまるで一会社の係長がいきなり取締役になるのと似た状況と言っても過言ではないだろう。

経験不足は監督が新しい仕事に適応するのに困難を招く。そのような現象は監督としてしてはいけないミスを呼ぶ。そんなミスの内の一つは慣れた習慣に戻ることである。2013年の夏、移籍期間中、デイヴィッド・モイーズはマルアン・フェライニとレイトン・ベインズのスカウトを粘り強く試みた。彼らはモイーズ監督が率いていたエヴァートンFCの一員で、エリート選手というよりは努力型選手である。結局、モイーズ監督の馴染みのある選手たちのスカウトへの試みは他のエリート選手たちのサインをもらうことを難しくした。

実務を担当するフロントの変化もマンチェスター・ユナイテッドに大きな変化をもたらした。正確に言うと、新しくCEOに赴任したエド・ウッドワードの話である。もちろん悪影響を与えたというのに正確な根拠はない。しかし、ウッドワード社長の初移籍だった2013年の夏の市場で彼はしっかりサポートすることができなかった。フェライニ一人に、べインズとフェライニの二人に支払っても良いくらいのお金を支払ったが、結果的に時間的にも金銭的にも相当な損害を負ってしまったマンチェスター・ユナイテッドである。

単純に移籍に対する洞察力が足りなかっただけなら、結果は少し変わったかもしれない。しかし、マンチェスター・ユナイテッドは結果を出すのに失敗した。夢の劇場と呼ばれたマンチェスター・ユナイテッドのホームスタジアムのオールド・トラッフォードはアレックス・ファーガソン監督の指揮下、慈悲のない鋼鉄要塞のようだった。しかし、デイヴィッド・モイーズのオールド・トラッフォードはアンダードッグたちの狩場のようになり、あまりにも簡単に負けてしまった。2013-2014シーズンの間、歴史的なライバルリヴァプール、うるさい隣人マンチェスター・シティー、そしてモイーズ監督の元の恋人であるエヴァートンにホームとアウェイの全ての試合で負ける記録を残した。負けることに慣れていなかったマンチェスター・ユナイテッドのフロントは忍耐を失い、結局デイヴィッド・モイーズはシーズンが終わる前に更迭されてしまう。

デイヴィッド・モイーズの更迭以降、彼に対するファンの反応は、同情と無関心の二つに分かれた。デイヴィッド・モイーズは似合わない座に就いていて、その決定による結果に対する責任を取らざるを得なかった。2013年のデイヴィッド・モイーズは、本人すらこのような結果になるとは想像だにしていなかったと思う。確実な位置に立っていた自分がここまで不確実な位置まで落ちてしまうとは。
クラブで起きる全ての問題点と怒りポイントの大半に彼が言及された。もちろんデイヴィッド・モイーズがリードしていたクラブは失敗とは程遠いマンチェスター・ユナイテッドだったので、彼の能力とは関係なく彼と結び付けられるしかなかった。
デイヴィッド・モイーズの経歴が終わる頃、彼がマンチェスター・ユナイテッドのレベルをエヴァートンくらいまで落とさせた。もちろんどのレッドデビルも彼に満足することはなかった。


By Seho Park of GOALSTUDIO

 
GOAL STUDIO

新作情報&お得なキャンペーンをお見逃しなく!

Customer Service Center | お問い合わせ
Company: WAGTI JAPAN 株式会社 | 東京都新宿区荒木町13-2 3F
販売責任者氏名:田結 誠也
Email: assist_jp@goalstudio.com | Tel: 03-4500-1306 平日10:00~17:00(GOAL STUDIO宛)
GOAL、GOAL POSTSおよび関連する商標は、Perform Media Sales Ltdのライセンスに基づき使用されています。