アメリカを代表するアメリカ女子代表チーム

アメリカを代表するアメリカ女子代表チーム

2019FIFA女子W杯でアメリカ女子代表チームはタイを初戦に迎えた。 アメリカは、強大な攻撃力を誇示し、タイを相手に13ゴールも奪ったが、これらは、無慈悲な得点行進にもかかわらず、ゴールを入れるたびにまるで決勝戦でゴールを入れたようなゴールセレモニーを披露し、多くの非難を浴びた。 このような行動を見た大衆は"アメリカ選手がスポーツマンシップに反する行動を見せた"と猛非難をしたが,アメリカ選手たちはこのような非難に対してまったく意に介さなかった。 試合の翌日アメリカ代表チームのキャプテン「ミーガン・ラピーノー」選手は「自分が起こした唯一の犯罪はあまりにも楽しくなっていたのは事実です」と代弁した。


ラピーノーは「代表チームの幸せを犯罪に喩えたのではなく,皆がそれだけウキウキしていた」という暗黙のメッセージを投げかけただけだ。 ラピーノーのコメントを嗜好が悪いと思う人もいるかもしれませんが、それらを強く反抗するものではないと思う人もいるでしょう。 しかし,アメリカ代表チームを支持する人々は,このような反応をした「ミーガン・ラピーノー」と他のアメリカ人の反応の違いを感じることができないかも知れない。 結局このような要素はアメリカ代表チームの選手らが自国民にどれほど大きな支持を受けているかを見せてくれる事例でもある。 「ミーガン・ラピーノー」の反応を聞いて驚かなかった彼らがいるなら,彼らもどれほどアメリカ女子サッカー代表チームがアメリカ社会内で大きな影響力を持っているか,すでに分かっている可能性がある。

アメリカ女子サッカー代表チームはアメリカに対する大衆の考えについて半信半疑したようだ。 アメリカ人は,大体自分たちの国が世界で最も魅力的な国だと思っている。 しかし,アメリカ代表チームの選手たちは,このような自分たちの考えと感情を抑制し,望まれない感情を感じました。 彼らにとって,このような問題はいつも付きまとう。




アメリカはかなり前から「この世がみんな同等な機会の前に立たなければならない」という思いを守っていた国だ。 このような面で見た時アメリカ女子代表チームはこの約束をある程度守ってきた。 ここで重要なことは,現在アメリカ女子サッカー代表チームの構成が男女平等の表現に適することができない可能性があることに注意する必要がある。 確かな事実はアメリカ女子サッカー代表チームが多方面で高収益を生み出すということだ。 才能ある女子サッカー選手たちは,アメリカサッカー協会とアメリカマスコミの主な収入源としての役割を果たしている。それは持続的に立派なチームのスター選手たちを育てる機械になります。 もしかすると,「ミア・ハム」選手は「マイケル·ジョーダン」や「アビー・ワンバック」選手のようなエリートアスリートと同様にNIKEマーケティングにおいて中心人物になるほどの境地まで上がった可能性もある。


このような制度が出来た後,アメリカ女子代表チームの選手の一部は公開的に自分たちの不満を表出しし始めた。

当時は考えられなかったことだが,選手たちは告訴状を出したりもした。 アメリカ女子代表チームが公式的にこのようなすべての原因を与えたと言えないが、ストライキのトレンドのきっかけを作ったという事実は排除できない。 アメリカはその後,国家の抗議運動や「#metoo」運動のようなより大規模な運動を浸透させた。 先に話した「ミーガン・ラピーノー」の言動は

プロアメリカンフットボール選手の「コリン・キャパニック」選手が膝まずいたまま国家を歌うことを拒否をした事例と似ている。


アメリカ女子代表チームはさらに2019年初めにアメリカサッカー協会を相手に性差別関連の訴訟をかけたりもした。

10年の変わり目は、多くの個人が感じた不正に対する戦いを活性化させるようでした。アメリカ女子サッカー代表チームはとても完璧な先例だ。

大衆はアメリカ女子サッカー代表チームの選手たちは普段から自分たちの身についてどんな考えを持っているかよく知っている。少ない給料、過小評価、そして比較的

補償を受けられないことが例だ。 しかしアメリカ女子サッカー代表チームの選手たちはこのような好意的でない状況について誰よりも先に行動したと言える。

BY SEHO PARK, GOAL STUDIO





ブログに戻る

FOOTBALL CASUAL

  • ワールドカップのマスコットの歴史

    ワールドカップのマスコットの歴史

    1966年から開催国の政府はワールドカップのマスコット選定に介入し始めた。 2020年までにマスコットを披露しなければならないカタールは前開催国たちのアドバイスを受けなければならない可能性もある。歴代ワールドカップでは、様々なユニークなマスコットがいる。 1966年イングランドのマスコットだったライオンをはじめこのようなトレンドが始まった。

    ワールドカップのマスコットの歴史

    1966年から開催国の政府はワールドカップのマスコット選定に介入し始めた。 2020年までにマスコットを披露しなければならないカタールは前開催国たちのアドバイスを受けなければならない可能性もある。歴代ワールドカップでは、様々なユニークなマスコットがいる。 1966年イングランドのマスコットだったライオンをはじめこのようなトレンドが始まった。

  • ワールドカップなどを彩る 歴代最高デザインのユニフォーム [動画]

    ワールドカップなどを彩る 歴代最高デザインのユニフォーム [動画]

    サッカーユニフォームを手に入れるのは非常に難しい。 それらは崇高なものから馬鹿げたものに見えるようなものまで、 華やかな模様と色の組み合わせによって様々な傑作が生まれてきた。 美しいゲームはファッション業界でも安定した地位を確立した。 デイビッド・ベッカム、ジェローム・ボアテング、ヘクトル・ベジェリンなどのスターは自身のブランドを立ち上げ、トップブランドをモデルとしている。

    ワールドカップなどを彩る 歴代最高デザインのユニフォーム [動画]

    サッカーユニフォームを手に入れるのは非常に難しい。 それらは崇高なものから馬鹿げたものに見えるようなものまで、 華やかな模様と色の組み合わせによって様々な傑作が生まれてきた。 美しいゲームはファッション業界でも安定した地位を確立した。 デイビッド・ベッカム、ジェローム・ボアテング、ヘクトル・ベジェリンなどのスターは自身のブランドを立ち上げ、トップブランドをモデルとしている。

  • ワールドカップを彩った歴代の名曲たち

    ワールドカップを彩った歴代の名曲たち

    W杯が近づくにつれ、聞き返したくなるあの曲。ここではいくつかのW杯ソングをピックアップし紹介しています。あなたにとってのW杯ソングといえば何でしょうか。1962年のチリ大会を皮切りに数多くのW杯ソングが誕生してきましたが、今大会もどんな名曲が生まれるのか今から楽しみでなりません。

    ワールドカップを彩った歴代の名曲たち

    W杯が近づくにつれ、聞き返したくなるあの曲。ここではいくつかのW杯ソングをピックアップし紹介しています。あなたにとってのW杯ソングといえば何でしょうか。1962年のチリ大会を皮切りに数多くのW杯ソングが誕生してきましたが、今大会もどんな名曲が生まれるのか今から楽しみでなりません。

  • ワールドカップの歴史を写真とともに振り返る。

    ワールドカップの歴史を写真とともに振り返る。

    その年の大会の忘れがたい瞬間を象徴するような写真が、ワールドカップでは必ず生まれます。何百枚も候補がある中で、ここでは目を引くものから忘れられないもの、一風変わった奇妙なものまで幅広く紹介します。

    ワールドカップの歴史を写真とともに振り返る。

    その年の大会の忘れがたい瞬間を象徴するような写真が、ワールドカップでは必ず生まれます。何百枚も候補がある中で、ここでは目を引くものから忘れられないもの、一風変わった奇妙なものまで幅広く紹介します。

1 4