ジェイドン・サンチョが育った南ロンドンのFootball ケージフットボール

ジェイドン・サンチョが育った南ロンドンのFootball ケージフットボール

かつて、スカウトにとっては草の根サッカーが次なる大物を見つけるためのワンストップショップだった時代があった。

 

元アーセナルのイングランド代表ストライカー、イアン・ライトは、ロンドン近郊にあるハックニー・マーシュで見出された一人だ。この広大な緑地には80以上のフルサイズのピッチがあり、毎週日曜日、地元の夢見る若者たちがプレーに興じていた。

 

しかし世界はますます小さくなっており、大都市はますます巨大化している。ハックニー・マーシュはいまも残るが、都市開発は急速に進み、特設ピッチとして使われたこうした空き地を飲み込んでいる。

 

ライトは組織された11人制の試合でも次々にゴールを決めたが、彼はそのような整った場所ではなく、南ロンドンの狭い路上でそのスキルを磨いた。

タレントを発掘するスカウトたちは、いまや新世代の、現代のスーパースターは南ロンドンの小さなスペースで繰り広げられる非公式なゲームの中から現れると考えている。ジェイドン・サンチョ、ジョー・ゴメス、アデモラ・ルックマン、そしてリース・ネルソンに至るまで、新時代の才能はこうした“鳥かご”の中で育っている。

Goal Studioはそれをより深く知るべく、南ロンドンに向かった。