ダリッジ・ハムレット: 小さいけど偉大なチーム

ダリッジ・ハムレット: 小さいけど偉大なチーム


プレミアリーグの信じられないほどの成功は、イギリスのフットボールレベルを頂点まで引き上げた。一方で、商業的な意味合いも強くなり、伝統的なフットボールファンは取り残されているとも感じている。ロンドン南部のあるクラブは、現代の風景にしっかりと反対という立場をとっている。

6部のダリッジ・ハムレットは126年前に設立されたが、近年生まれ変わった。熱心なファンによって、コミュニティが最優先とされている。彼らは多くの差別帽子や同棲愛嫌悪防止の取組を支援する。そしてボランティアがクラブと地域活動を結びつけるようになった。

ダリッジはチャリティマッチなどで難民を支援することもいとわない。若いファン層は平等を擁護し、「ブレジクト」や保守派の政府をあざ笑っているようだ。GOAL STUDIOはそんな考えをさらに知るため、ロンドン南部へと向かった。