"NO MORE BETRAYAL" 7人制のサッカークラブ、JUDAS FC の物語

"NO MORE BETRAYAL" 7人制のサッカークラブ、JUDAS FC の物語

2022年3月、GOALSTUDIOはロンドン東部にある7人制のサッカークラブ、Judas FCのパートナーになりました。このクラブには多くの物語があり、「Judas」と呼ばれるクラブがどのようにしてこのような素晴らしいチームワークを築いたのか、Judas FCの最高マーケティング責任者であるニックに話を聞くことにしました。

 

 

Q:ご自身とチームの紹介をお願いします。

A:こんにちは、私はJudas FCの左ウィンガー兼チーフマーケティングオフィサーのニック・スコットです。私たちのサッカーチームの歴史について少しお話したいと思います。

2018年当時、センターハーフのミッキーは、もともと大学時代の仲間と7人制のチームでプレーしており、人数が足りないときは、私たちの何人かが入って手伝っていたんです。

そしてユダ(十二使徒の一人で、キリストを裏切った)が行ったように、ミッキーは大学の仲間を捨てて新しい道を歩むことを決意し、同じリーグで自分のチームを立ち上げ、北から仲間を集めてチームを構成しました。このことを知った大学の仲間は、ミッキーを裏切り者と決めつけ、Judas FCという名前が付けられました。

 

Q: チームメイトの紹介をお願いします。選手の採用はどのように行っていますか?

A: 我々のほとんどはニューカッスルやサンダーランド出身で、学生時代に一緒にプレーした仲間もたくさんいます。イーストロンドンのスカウトネットワーク(友達の友達)のおかげで、ここ数年、多くのトッププレーヤーがクラブに加入しましたが、チームの中心はジョーディー(ニューカッスルの地域の人々)とマッケム(サンダーランドの地域の人々)であり続けています。ハックニーのハウスパーティーで知り合った、ハンサムなフランス人の10番、ジャン・ジョセフも特筆に値します。

みんな同じ高校に通っていましたが、それぞれ違う分野で働くこととなりました。医者3人、DJ2人、マーケティング、会計士、そして学校の先生まで!全く違う仕事をしていても、サッカーへの情熱が皆を結びつけていて、クラブのケミストリーは現在最高潮です。

Q: 選手を採用する際、どのような点に注目していますか?

A: 選手の採用は、クラブの最近の成功に大きく貢献しています。新しい選手たちがピッチ内外で自然に溶け込んでいるのを見るのは素晴らしいことです。

仕事の忙しさが増し、ロンドンから引っ越す選手もいれば、家庭を持つ選手もいます。アマチュアレベルでは、毎週欠員を埋めて強力なチームを作るのは常に大変なことですが、新加入選手たちがこれまで見せてくれた献身性とハングリー精神は素晴らしいです。 私たちは、チームワークとレジリエンスを基盤に、本当に緊密なグループを作り上げてきました。ですから、新しい選手たちがチームのために腕をまくり、多くの努力をし、大事な場面でハードワークをこなしてくれることが本当に重要です。もちろん、パブによく来てくれることも重要です!

 

Q: 日常生活とサッカーのバランスは?

A: クラブ内のコミットメントは、ここ数年で大きく向上しました。かつては7人で毎週チームを作っていたのが、今では26人で週2回プレーするようになり、友人や家族、スポンサーなどのコミュニティにも支えられています。ピッチに立つときは全員が100%の力を発揮しますが、実はピッチ外での取り組みがクラブを特別なものにしているのです。試合後は必ずパブで報告をし、定期的にソーシャルイベントや海外遠征を行い、チームのWhatsAppグループはまさにノンストップです。

日常生活とサッカーのバランスはあまりとれていないようですが、私たちは皆、Judas FCを愛しています!

  

 

Q あなたやチームにとって、最も印象的な瞬間はいつですか?

A: 一番印象に残っているのは、同じシーズンで月・水曜日のナイトリーグで優勝した後のクレイジーな祝賀パーティーです。いつもは地元のパブ「The Shacklewell Arms」でシーズン終了後のパーティーを開いているのですが、数カ月にわたる閉鎖期間と、ダブル優勝という信じられない偉業の後、オープントップバスでロンドン中を優勝パレードするという少し特別なことをしようと思いました。イースト・ロンドンでトロフィー、ビールの木箱、Judas FCの旗を持ってバスに乗り込み、ロンドン橋やザ・シャードなどの有名なモニュメントを含むロンドン市内の2時間のパレードに出発しました。バスに駆け寄り写真を撮る子供たち、手を振る人、歓声を上げる人、僕らの名前を歌ってくれる人、本当に夢のような光景でした。バスパレードの動画はインターネット上で拡散し、ソーシャルメディアだけで550万回以上再生され、スカイスポーツニュースやラジオでも生中継されました。この動画は、フランス、ポルトガル、アメリカ、ドイツ、オーストラリアなど、世界中のプラットフォームで報道され、私たちの祝賀ムードは大きく広がりました!私たちは、新しいファンの皆さんを心から歓迎します!

 

 

 

Q: 優勝の鍵は何でしたか?

A:優勝したシーズンに共通していたのは、信念とチームワークです。子供たちは、勝ち点3を持ち帰ることを期待してすべての試合に臨み、チームのすべてのプレーヤーが一歩一歩、互いに支え合ってきました。

 

Q: チームスピリットはどのように培われたのですか?

A:私たちは、「一人が勝てば全員が勝てる」というチーム哲学をクラブ内で重要視しており、それがピッチの内外に表れているのです。1試合7人という少ない人数でやっていますが、多くの選手がサイド際で観戦し、試合後はみんなで祝杯をあげます。勝っても負けても引き分けでも、試合後にみんなでビールを飲んだり、食事をしたりすることはよくあることで、これはチームスピリットや個性を育む上でとても重要なことです。ピッチの外でも、お互いのイベントをサポートしたり、昇進を祝ったり、困難な時に助け合ったりと、勝敗に関わらずチームとして一緒に過ごしています。この哲学に賛同して以来、私たちはピッチ上でポジティブな影響を受けてきました。

 

 

Q: スポンサーとの関係は?これも広い意味でのチームワークのひとつなのでしょうか。

A: メインスポンサーは、イーストロンドンの象徴的なパブ、「The Shacklewell Arms」で、彼らとは本当に強いパートナーシップを築いてきました。ホーム&アウェイキットのスポンサーになってくれたり、パブの中に小さなJudasコーナーを作ってくれたり、試合に勝てばビールを無料でくれたりと、当初から私たちをサポートしてくれています。その代わり、シーズン終了後のパーティーをパブで開いたり、チャンピオンズリーグや昨夏のユーロ大会を大人数で観戦したり、ソーシャルメディアで露出を増やしたりしているんだ。彼らのサポートがあったからこそ、今の私たちがあるのだと思います。また、地元のパイメーカーであるWilly's Piesとは素晴らしいパートナーシップを結んでおり、昨年は美しいタンジェリン色のサードキットを発表しました。

Q: チームを運営する上での目標は何ですか?

A: Judas FCの旅は、本当に重要なものでした。旧交を温め、新たな友情を築き、私たちの人生の大きな部分を占める特別なものを作り上げました。素晴らしい思い出が生まれ、中でもバスパレードの出来事は、さらなる喜びを私たちに与えてくれました。私たちの主な目標は、世界中の男女のグラスルーツチームにメッセージを送り、刺激を与えることです。チャンピオンズリーグであろうと、イーストロンドンのアマチュア7人制チームであろうと、チームメイトの仲間として一緒に頑張って何かを成し遂げたら、それを祝うのは当然です。このバスパレードはクラブの歴史に刻まれるでしょう。この日は本当にプロフェッショナルな気分でした。そして、来シーズンに向けて、どんなキットが出来上がるか、今から楽しみでなりません。グラスルーツから栄光へ!

 

 

Q: 今後の予定は?

A: COVID以前は、海外で何度かエキシビションマッチを行い、ヨーロッパ全域でJudas FCの旅を共有することができました。バスパレード以降、世界中の同じ志を持つチームからいくつかの挑戦を受け、国境を越えての移動が少し楽になった今、私たちはクラブをグローバルに展開したいと考えています。ソウルの友人であるWave FCと対戦したり、オアハカの兄弟クラブである「Judas FC Mexico」を訪問したりと、野心的な夢を持っています。どちらも遠方で費用もかかりますが、現在、そして未来のスポンサーからの素晴らしいサポートがあって、その夢に手を伸ばさない理由はありません。

 

ブログに戻る