ワールドカップのマスコットの歴史

ワールドカップのマスコットの歴史



1966年から開催国の政府はワールドカップのマスコット選定に介入し始めた。 2020年までにマスコットを披露しなければならないカタールは前開催国たちのアドバイスを受けなければならない可能性もある。歴代ワールドカップでは、様々なユニークなマスコットがいる。 1966年イングランドのマスコットだったライオンをはじめこのようなトレンドが始まった。ニックネームはツリーライオンでイギリスの国家代表サッカーチームを名誉するために生まれた。ウォーリーの服装はイギリスのサッカーファンと名誉イギリス人を思い出させるユニオンジャックシャツとソックスであった。しかしウォーリーのかわいい姿と1960年代ビートルズを思わせるヘアスタイルは人気を集めた。ウォーリーは分かればわかるほど魅力が出てきた。

しかし1970年代のユニフォームは子供のマスコットをよく見かけた。確実な違いは表面だけで見ることができた。 1970年のメキシコのJuanitoはメキシコの伝統的な帽子のソンブレロをかぶっていた。 1974年ワールドカップのマスコットは Tip and Tapという男子供だった。アルゼンチンの1978年マスコットだったGauchitoの帽子、バンダナ、そして鞭はアルゼンチンで尊敬を受けるガウチョとカウボーイを想像させた。

スペインの1980年代 マスコットは商品を記念するために見せました。スペインはオレンジ生産国だったので1982年にはワールドカップのマスコットで「リトルオレンジ」である「ナランジラ」がユニフォームに姿を見せた。メキシコ料理で欠かせないペーパー(唐辛子)もあった。 Juanitoが1970年にそうだったように、1986のマスコットだった'ピケ'はメキシコの伝統を示すソンブレロをかかぶっていた。二人の違いはピケが年齢が多かったということだ。彼の長いヒゲはメキシコの男性特有の姿があり、農家を想像させる体格は背の低い、ぽっちゃりとした姿を見せた。

人と動物の姿をしていたマスコットに疲れたイタリアは、90年にイタリア大会の時「チャオ」(イタリア語挨拶)というステック形の人形を披露した。しかしチャオの創作プロセスは思ったより難解だった。チャオの手足は「Italia」の文字から作られた。必要だった部分は頭だったが、ワールドカップ史上初めてでサッカーボールを身に付けたキャラクターになった。簡単に言えばチャオはワールドカップ史上初の芸術作品を想像させるマスコットであった。

残り1990年代には赤、白、そして青であった。アメリカのワールドカップ犬ストライカーというマスコットを1994年に発表した。試合を興味津々にしてくれるストライカーを表現するためにストライカーという名前がついた。犬をマスコットとして選択した理由は犬に対したアメリカの愛情を表現した。漫画のキャラクターを使った二つの理由を見せてくれる。一つは当時TVで大勢であったジャンルを示すことがあり、もう一つは視聴者にかわいいデジタル犬を見せてあげるという意味だった。

1998年フランスは国の非公式マスコットであるフランスの鶏を披露した。名前は「Footix」で、フットボールという単語とフランス語のサフィックスである-ixが合わせられた。前大会のストライカーとは違い「Footix」は正確度を強調した。赤色の色みと黄色のくちばしは青の身と対照的な現実性を見せた。笑顔で空を眺める彼の姿は見る人にすぐにサッカーのことをやってくださいとのメッセージを送った。

21世紀に入って、少しより未来的なスタイルのマスコットが登場したが、これは日本と韓国のW杯共同開催で始まる。「Spheriks」という名前を持つ三人のデジタルキャラクターを披露した。それぞれの名前はAto(イエロー)、Kaz(パープル)、そしてNik(ブルー)である。日本と韓国の両国の子供たちを最優先ターゲットに選んだ。その結果、ポケットモンスターを想像させるマスコットを誕生させた。日韓W杯のマスコットは2006年ドイツW杯マスコットのために道を広げてあげたわけだ。上記で話したように1974年ドイツ「Tip and Tap」を再び思い出させる新しいマスコットが誕生し、彼らは話すライオン「Goleo」と話すサッカーボール「Pille」だ。

2010年代のプロトタイプは、既存のカートゥーンの動物のマスコットと未来的な性向が合わせた動物だった。最初のマスコットだった南アフリカのヒョウの「Zakumi」は国別コードのZAと2010年を記念して数字10を意味する「kumi」というアフリカの方言を合わせてつけられた。ヒョウは南アフリカ地域に結構いるし、黄色は彼らの肌色を見せた。しかしヒョウに見える緑は南アフリカのサッカーチームの象徴的な色を示すために加味された。

2014年、ブラジルはサッカーと生態系を合わせた「Fuleco」というアルマジロであった。ブラジルの人々は、自然保護を大事にするし、アルマジロは保護されるべき動物中一匹であった。人々の心を奪うためには擬人化作業が必要だった。 Fulecoは青、緑、黄色が調和し、魅力的な外観を見せた。アルマジロは大体恥ずかしがり屋だけどFulecoは幸せそうにサッカーボールを持っている。アルマジロはおでこに目が集中してるのだが、Fulecoの目は人のように、鼻に近い位置にある。

最後に、2018ワールドカップは「Zabivaka」というロシアのオオカミだった。「Zabivaka」はロシア人をよく表現してくれた。合わせられた単語は英語で「得点を願っている人」という意味であった。マスコットの特徴は、ゴーグルだったが、これはスキーゴーグルを想像させた。しかし、本来のイメージは、ハンドボールで使われるゴーグルのように目を保護してくれるゴーグルであった。ユーラシアのオオカミのように「Zabivaka」は早かったが、ゴーグルはとんでもないスピードに対した安全予防策であった。

By Seho Park of GOAL STUDIO

 
GOAL STUDIO

新作情報&お得なキャンペーンをお見逃しなく!

Customer Service Center | お問い合わせ
Company: WAGTI JAPAN 株式会社 | 東京都新宿区荒木町13-2 3F
販売責任者氏名:田結 誠也
Email: assist_jp@goalstudio.com | Tel: 03-4500-1306 平日10:00~17:00(GOAL STUDIO宛)
GOAL、GOAL POSTSおよび関連する商標は、Perform Media Sales Ltdのライセンスに基づき使用されています。