アイデアはピッチ上から!フットボーラーの個性的なヘアスタイル vol.2

アイデアはピッチ上から!フットボーラーの個性的なヘアスタイル vol.2

Words by Yuto Suzuki

あなたがもし新しい髪型に挑戦したいと思っているならば、ピッチ上を見渡してみてはいかがでしょうか。そこはアイデアの宝庫であり、現代のフットボーラーは彼らがフィールドで見せるプレー以外にも、そのルックスが常に話題になります。優れたものもあれば、そうでないものもありますが、周囲の関心を集めることに変わりはありません。

 

マテュ―・ドゥビュシー (Mathieu Debuchy) 

 

Embed from Getty Images

 

36歳となった元フランス代表ディフェンダー。マテュー・ドゥビュシーのフェードサイドパートは定番のヘアスタイルではあるが、ブラジルワールドカップでみせた高めの刈り上げが、ロカビリーのフェイクホーク風になった髪型は間違いなく私たちのお気に入りの一つだった。

 

カディディアトゥ・ディアニ (Kadidiatou Diani) 

 

 

パリサンジェルマンとフランス代表でプレーし、昨年はバロンドール候補にも選ばれたカディディアトウ・ディアニ。ファッションとメイクアップが大好きだという彼女は、ヘアスタイルにも強いこだわりを見せる。ピッチ上で敵対すれば、そのダイナミックさとスピードで相手をほぼ打ち負かし、このシルバーのボックスブレイズがそんな彼女の無敵感をさらに演出している。

 

ヤニック・フェレイラ・カラスコ (Yannick Ferreira Carrasco) 

 

Embed from Getty Images

 

ヤニック・フェレイラ・カラスコといえば、かつては頭頂部に高さがあり、後頭部とサイドは短く刈り上げたオールバックのポンパドールヘアが目印だった。だがすでに定着しつつあるアンダーカットの姿は、一部のサッカー選手やヘアスタイリストが絶賛するユニークなルックスに仕上がっている。

 

シャニス・ファン・デ・サンデン (Shanice Van De Sanden) 

 

Embed from Getty Images

 

シャニス・ファン・デ・サンデンは特にヘアスタイルに強いこだわりを持つ選手の一人だ。フランスワールドカップの前には、ベリーショートの頭にヒョウ柄を描き、リヨンでのチャンピオンズリーグ、バイエルン・ミュンヘン戦の前には、ナイキのロゴを剃り込んだ。もともと美容師になるという野望を持っていたという彼女は、プロサッカー選手としてのキャリアを終えたら「自分の店を持つことが夢だ」と語っている。

 

ジブリル・シセ (Djibril Cissé) 

 

Embed from Getty Images

 

彼の髪型の歴史をたどってみれば、この元フランス代表ストライカーが何故ここまでカルト的人気を誇るのか、その理由も少しは読み解くことが出来るかもしれない。彼はスピードと決定力を武器に欧州リーグを沸かせただけでなく、その独特なヘアスタイルでまた私たちを沸かせ、虜にしたのである。

 

グランツィアーノ・ペッレ (Graziano Pelle) 

 

Embed from Getty Images

 

60年代を思わせるその独特なヘアスタイルについて見た目だけでなく、当時の選手たちはお互いにリスペクトを払っていた。その考えを僕は広めたい」と彼は語る。元イタリア代表の伊達男は、イタリア、オランダ、中国、イングランドでプレーしたが、今思えばどこにいても自身の見た目に気を配り、サッカー選手である以上、そのルックスは常に完璧でなければならないことを物語っていたように思える。

 

【関連記事】

アイデアはピッチ上から!フットボーラーの個性的なヘアスタイル vol.1 – GOALSTUDIO

ワールドカップが生んだベストカット5選 – GOALSTUDIO

 

ブログに戻る