CULTURE RSS

人々は大概スーパーボールという単語を聞くと、アメリカンフットボールを浮かべるはずだ。地上最大のイベントであるアメリカンフットボールの最強を競うスーパーボウル(Super Bowl)。しかし、全世界のフリースタイルフットボーラーたちはおそらく別の大会を思い浮かべるはずだ。毎年プラハで開かれる世界最大規模のフリースタイル大会、「スーパーボール(Super “Ball”)」だ。

続きを読む

明るい未来が垣間見えた18歳以下ネクストボールフリースタイルフットボール大会で、若い選手たちが数え切れないほどの発展可能性を見せてくれた。トーナメントの独特な構成、注目すべき選手たちとともにこのグローバルイベントの5つの観戦ポイントをチェックしよう。もちろん全ての人がフリースタイルフットボールを認めているわけではない。しかし、持続的に大会が開催されているのを見ると、フリースタイルフットボールがスポーツとして発展しているのは確かだ。

続きを読む

ここ数年間で、体にタトゥーをあしらうサッカー選手が増えている。現代のサッカー選手は、足、腕、胴体など体の至るところに思い思いのタトゥーを彫っている。その例外は、クリスティアーノ・ロナウドだ。C・ロナウドは、定期的に献血をするために、タトゥーを入れないという。バロンドールを5回受賞した男が全くタトゥーを入れないのとは対照的に、以下に紹介するのが、象徴的なタトゥーを彫っている5人の選手たちだ…

続きを読む

2019年は、女子サッカーが新たな高みに達した年だった。約10億人という、記録的な数のテレビ視聴者が、世界トップクラスの選手たちが集結し、歴史的大会となった女子ワールドカップ(W杯)フランス大会を視聴した。 長らく女子サッカー界を先導し、今大会も最強と謳われたアメリカ代表は、決勝戦でオランダ代表に2-0で勝利し、今大会を優勝した。この優勝に大きく貢献したのは、フォワードのミーガン・ラピノーだ。

続きを読む

もうすぐ発売予定のゲーム「FIFA 20」にユヴェントスは参加しないと発表された。しかし、「ジャンルイジ・ブッフォン」、「ジョルジョ・キエッリーニ」、「クリスティアーノ・ロナウド」のような選手はゲーム上に存在する。チームがないだけなのに、ユヴェントスFCのロゴ、ユヴェントスFCのユニフォーム、そしてユヴェントスFCのスタジアムは見れない。これはFIFAを作った本人、大型ゲーム会社EA Sportsには致命傷となるはずだ。このような状況はウイニングイレブン(PES)を開発したコナミが作った。

続きを読む